交通手段はどうしましょう

バスならドアツードアで移動が楽

冬になると行きたくなるのがスキーです。近くにスキー場があるところに住んでいるなら頻繁に行けますが、都市部に住んでいればわざわざ行かなくてはいけません。スキーをするには道具が必要で、それを持って行く、持って帰るのが一苦労です。楽に行くことが出来たらなあと思っている人もいるかもしれません。
比較的楽に利用できる交通手段としてバスツアーがあります。いいところは、ドアツードアの所です。行きは主要駅などを周ってくれるので、自分の都合のいい駅から乗ります。後はスキー場に到着するのを待つだけです。夜行バスであれば、寝ている間に現地についています。バスの場合、ゲレンデまで行ってくれるので、荷物を持っての移動をほとんどしなくて済みます。

鉄道プランだと安くなる場合がある

通勤などでよく利用するのが鉄道です。近郊区間を走るものから、長距離を走るもの、新幹線のように高速で遠距離まで結んでくれるものもあります。スキーに行くときの交通手段としても鉄道が選ばれることがあります。テレビのコマーシャルなどでも紹介されることがあります。
少し困ることとしては、移動などが必要なことです。一部を除くと、駅からスキー場までは別途バスなどに乗る必要があるからです。それが面倒で鉄道を敬遠する人もいます。でも鉄道のメリットはあります。鉄道を利用したツアーが用意されることがあり、かなり安くなっているからです。バスに比べると移動時間も短くて済むので、現地でもたっぷり滑ることが出来ます。駅近のスキー場があるところならなお便利です。